質問福利厚生はどのレベルの会社が良いでしょうか?

お仕事探しQ&A→「福利厚生はどのレベルの会社が良いでしょうか?」に対する回答


ハローワークの求人を検索

全国のハローワーク求人をいつでもどこでも探せます

回答

健康保険、雇用保険、厚生年金などの加入を必要最低限として、資格取得支援、子育て支援などの福利厚生があれば良いレベルの会社と言えるでしょう。

解説

大企業は、福利厚生が充実しているとよく言われますが、最近は福利厚生の内容を縮小する傾向にありますね。
会社の福利厚生には、(1)住居(家賃補助、借上げ社宅、社員寮、貸付金など)、(2)保険(健康保険、雇用保険、団体保険など)、(3)年金(厚生年金、共済年金、企業年金な)、(4)子育て支援、(5)資格支援、(6)保養所、(7)社員食堂、(8)社員旅行、(9)クラブ活動・実業団の補助などがあります。
これらのことからわかるように、福利厚生制度とは、一般に使用者が労働者やその家族の健康や生活の福祉を向上させるために行う諸施設などを総称していう制度のことです。
そして、負担する費用については法定福利費と法定外福利費があります。
法定福利費とは、法律によって使用者に実施が義務付けられている費用のことで、社会保険料などの事業主負担をいいます。
上記では(2)(3)が該当します。一方、法定外福利費とは、法律によって定められていない、使用者が独自に行う福利厚生にかかる費用のことをいいます。
上記では、(1)(4)(5)(6)(7)(8)(9)のことですね。内容は多岐に渡っておりますので、具体的にどのような措置が福利厚生に該当し、何が該当しなの基準があるか訳ではありません。
法定の福利厚生に該当する??について制度上、完備するのはもちろんですが、ご質問の回答として、法定外の福利厚生がどこまで完備されているかということになります。
昨今は、この部分が縮小傾向にありますが、一般的な中小企業では、住居関連(社宅・借り上げ・家賃補助など)、健康保険、雇用保険、厚生年金などの加入を必要最低限として、資格取得支援、子育て支援などの福利厚生があれば良いレベルの会社と言えるでしょう。

この質問への回答者

加藤 昌広

  • 株式会社労働新聞社 名古屋総局 総局長
  • プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー

南山大学法学部法律学科を1985年に卒業。
株式会社中日新聞社名古屋本社及び東京本社(東京新聞)に10年勤務の後、株式会社労働新聞社に勤務、名古屋総局、東京本社編集局を経て現在に至る。

著作
  • 「就職活動実践ガイドブック」 労働新聞社刊
  • 若年者用「就職活動実践ハンドブック」 労働新聞社刊

お仕事さがしの上で疑問に思ったり不安な点はありませんか?

あなたの不安を解決します!
お気軽に投稿してください!

私、労働新聞社の加藤を始め、提携社労士とともに、みなさまからのご質問にお答えします。

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー
加藤 昌広
キャリアカウンセラー:加藤 昌広
ご相談の例
  • 何度面接を受けてもうまくいきません
  • 履歴書の書き方がわかりません
  • お金をもらいながら求職活動ができると聞いたのですが

また、回答内容は本サイトをご覧の皆様と共有し、「みんなが役立つQ&A」として機能します。

お気軽にご相談ください!

仕事探しに関する関するご相談