質問退職金を効率よくもらう方法ってありますか?

お仕事探しQ&A→「退職金を効率よくもらう方法ってありますか?」に対する回答


ハローワークの求人を検索

全国のハローワーク求人をいつでもどこでも探せます

回答

あまりお勧めできません。

解説

退職金制度は、終身雇用を基調とした従業員への永年勤続慰労といった意味合いを持つ日本独自の制度です。

本質的な考えとしては、賃金の後払いといったことになります。

しかし、退職金の規定は、法律で定められてはおりませんので、退職金制度を設けていなくても違法ではありませんし、どこの会社でもあるという訳ではありません。

また、最近は、退職金制度を導入していない、もしくは廃止した企業が多くなっているのも事実です。

ただし、就業規則で退職金規定を定めている場合は、賃金の一部と見做され、退職金が支払わられなかった場合に、請求があった場合は、賃金未払いの対象になります。もう一つの傾向として、退職金を定年時を始めとして会社を退職した時に一括で退職金を受け取るケースと、在職時の賃金に退職金を上乗せする(計算方法は会社によって違う)方法を選択できる会社もあります。

日本以外のほとんどの企業では、退職金制度そのものが存在しておりませんので、それも知識として知っておいても良いでしょう。

就業規則に設ける場合は、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払いの方法並びに退職手当の支払いの時期に関する事項を設けなければならないとなっております。

一般的な退職金の計算では、定年時に金額の上昇カーブが急激に上がるようになっていますので、効率よくもらう方法は、定年時まで勤めるということになるでしょう。

但し、勤続期間中に退職金制度を廃止する企業もあることを頭に留める必要があるでしょう。いずれにしても、再就職は仕事のスタートですから、スタート時に仕事のゴールである退職金のことを考えるのは、あまりお勧めできません。
 

この質問への回答者

加藤 昌広

  • 株式会社労働新聞社 名古屋総局 総局長
  • プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー

南山大学法学部法律学科を1985年に卒業。
株式会社中日新聞社名古屋本社及び東京本社(東京新聞)に10年勤務の後、株式会社労働新聞社に勤務、名古屋総局、東京本社編集局を経て現在に至る。

著作
  • 「就職活動実践ガイドブック」 労働新聞社刊
  • 若年者用「就職活動実践ハンドブック」 労働新聞社刊

お仕事さがしの上で疑問に思ったり不安な点はありませんか?

あなたの不安を解決します!
お気軽に投稿してください!

私、労働新聞社の加藤を始め、提携社労士とともに、みなさまからのご質問にお答えします。

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー
加藤 昌広
キャリアカウンセラー:加藤 昌広
ご相談の例
  • 何度面接を受けてもうまくいきません
  • 履歴書の書き方がわかりません
  • お金をもらいながら求職活動ができると聞いたのですが

また、回答内容は本サイトをご覧の皆様と共有し、「みんなが役立つQ&A」として機能します。

お気軽にご相談ください!

仕事探しに関する関するご相談