質問失業保険は、いくらもらえるの?前給与の○%とか決まっているのですか?

お仕事探しQ&A→「失業保険は、いくらもらえるの?前給与の○%とか決まっているのですか?」に対する回答


ハローワークの求人を検索

全国のハローワーク求人をいつでもどこでも探せます

回答

給付率が何%になるかについては条件があるので、ハローワークの窓口に聞かれることをお勧めします。

解説

失業保険で受給出来る1日当たりの金額を『基本手当日額』(賃金日額)といい、退職前の6ケ月間の給与の合計を180で割って算定します。この賃金日額の、およそ50%?80%が支給されることになります。

なお、60?64歳の人については45?80%となっております。そして、賃金日額は年齢区分ごとに上限額が定められています。上限額は、(1)30歳未満6,390円、(2)30歳以上45歳未満7,100円、(3)45歳以上60歳未満7,805円、(4)60歳以上65歳未満6,709円です。(平成26年8月1日現在)

これに給付日数を掛けたものが失業給付金額になります。これがいわゆる失業手当と言われるものです。給付日数は、幾通りかに区分されています。

ア自己都合の離職では、
(1)被保険者であった期間1年以上10年未満は、全年齢90日
(2)同期間10年以上20年未満は、全年齢120日
(3)同期間20年以上は、全年齢150日

イ会社都合の離職では、
(1)同期間期間1年未満は全年齢90日
(2)同期間1年以上5年未満は、45歳未満90日、45歳以上60歳未満180日、60歳以上65歳未満150日
(3)同期間5年以上10年未満は、30歳未満120日、30歳以上45歳未満180日、45歳以上60歳未満240日、60歳以上65歳未満180日
(4)同期間10年以上20年未満は、30歳未満180日、30歳以上35歳未満と60歳以上65歳未満 210日、35歳以上45歳未満240日、45歳以上60歳未満270日 
(5)同期間20年以上は、30歳以上35歳未満と60歳以上65歳未満240日、35歳以上45歳未満270日、45歳以上60歳未満330日
となります。

給付率が何%になるかについては条件があるので、ハローワークの窓口に聞かれることをお勧めします。

この質問への回答者

加藤 昌広

  • 株式会社労働新聞社 名古屋総局 総局長
  • プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー

南山大学法学部法律学科を1985年に卒業。
株式会社中日新聞社名古屋本社及び東京本社(東京新聞)に10年勤務の後、株式会社労働新聞社に勤務、名古屋総局、東京本社編集局を経て現在に至る。

著作
  • 「就職活動実践ガイドブック」 労働新聞社刊
  • 若年者用「就職活動実践ハンドブック」 労働新聞社刊

お仕事さがしの上で疑問に思ったり不安な点はありませんか?

あなたの不安を解決します!
お気軽に投稿してください!

私、労働新聞社の加藤を始め、提携社労士とともに、みなさまからのご質問にお答えします。

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー
加藤 昌広
キャリアカウンセラー:加藤 昌広
ご相談の例
  • 何度面接を受けてもうまくいきません
  • 履歴書の書き方がわかりません
  • お金をもらいながら求職活動ができると聞いたのですが

また、回答内容は本サイトをご覧の皆様と共有し、「みんなが役立つQ&A」として機能します。

お気軽にご相談ください!

仕事探しに関する関するご相談